2021/10/23

「やるぞ」と構えを先に出すよりも、日常として取り組む

上の子供の中学受験が近づいて妻がさらに荒れてきた頃から、私は休日の家の掃除に精を出すようになった。禅のようにひたすら掃除に取り組むと私自身の気持ちが楽になる。禅宗では掃除は作務という修行のひとつだが、その意味がよく分かる。副産物として妻の苛立ちが減った気がする。

人には生まれながらの性格があって、こまめな人もいれば無精な人もいる。その違いが言動に現れる場合には、モチベーションという横文字になるのだろう。人の性格なんて子供から大人になるまで大きく変わることがないと思っていたのだが、実体験として変わることを知った。

続きを読む

2021/09/15

If you are searching, look within yourself, not on the Internet.

As released by Chiba Prefecture, the occupancy rate of all hospital beds in medical institutions is about to drop below 50%. The wave of infection explosion has already subsided, and COVID-19 infection status will return from Stage IV to Stage III.

I feel that there will be an even more giant sixth wave coming before winter, but perhaps the tides will repeat for the next few years. So, when the state of emergency is lifted in October, I'll finally be able to go out for my cycling hobby. Even in this situation, or perhaps because of this situation, my main concern is cycling.

続きを読む

2021/09/02

人のB面が映る部位

先日、かつて定期的に巡回して拝読していた個人ブログを訪れた。それらの多くが更新を停止していたり、明るさを失ったエントリーが続いていたり、さらにはブロガー自身が脱サラして個人事業主になっていたり、離婚していたりと、世界全体を覆う霧のような何かが酷く影響している気がしてならない。

その正体が何かと言えば、おそらく他種の動物からヒトに伝播したであろう感染症の脅威とそれによる社会の混乱。加えて、人々のB面を知ってしまったことへの失望なのかもしれないな。このような時に前向きなエントリーを続けることができるブロガーこそが、本当に強い人なのだろう。

続きを読む

2021/07/04

マルチタスクで疲れたら、シングルタスクを意識する

ゴールデンウィーク明け頃から仕事は通常モードに戻っていて、変則的なシフトからも少しずつ解放されてきた。プライベートでは谷津道を探すというサイクリングの面白さに気づき、そのスタイルに合わせてクロモリロードバイクをカスタムするという楽しみにも出会った。

しかし、身体の具合はあまり良くない。6月の半ばくらいから左耳に激しい耳鳴りが生じ、それが治まってきた6月の下旬から1週間くらいの間、右の脇腹が酷く痛むようになってきた。少し動くだけでも刺すような痛みが響いて、仕事に集中することができず、ただでさえ辛い往復3時間の電車通勤がさらに厳しくなった。

続きを読む

2021/03/22

阿留辺畿夜宇和なスタイルはしんどくても

朝から酷く腹が下っているのだが、それでも片道1時間半を超える電車通勤が待っている。新町から新浦安駅にたどり着いただけで疲労困憊。モラルとマナーが控えめな千葉都民とともに京葉線で都内に運ばれる。なんてことはない。いつもの日常だ。

続きを読む