2022/08/05

奇妙な戸惑いと恐怖の正体がやっと分かった

ブルーノのスキッパーという名前の小径自転車を購入し、フレームとフロントフォークだけを残して他のパーツを組み込むというカスタムが最終段階に入った。早いもので開始から8ヶ月。いつもの江戸川の左岸を走りながらポジションを確認する。

最終段階といっても大袈裟なことではなくて、今まで乗ってきたロードバイクと比べてブルーノのミニベロのポジション出しの要領が掴めずに右往左往しただけ。ようやくポジションの調整ができた。これで谷津道に出かけても大丈夫だと思った矢先、その道すがらで私はとても重大なことに気付いた。

続きを読む

2022/07/24

炎天下のサイクリングにて修行と眼福

金曜日は深夜残業、翌日は早朝から休日勤務。往復3時間を超える浦安と都内の通勤のせいで睡眠時間なんて全く足りない。大切な時間を移動するためだけに消費し、寝るためだけに帰る街。しかも、住み心地は最悪。妻の実家があるからと浦安に引っ越したけれど、我が人生で最大の失敗だった。

泥のように眠って遅く起きた日曜日。家の中にいたのは私だけだった。一家の経済的な柱である私が疲れ果てているにも関わらず、朝早くから妻や子供たちが大声で騒いで目が覚めたところまでは記憶している。その後で意識を失ったのでよく分からない。

続きを読む

2021/05/22

谷津道をひたすら走るロードバイク禅と思秋期の思考

この日曜日も飽きもせずロードバイクに乗り、千葉県内の谷津道に繰り出す。谷津の地形はとても面白い。平地が続く千葉県北西部を走っていて緑豊かな丘や小さな山が見えた時、その近くには車も人も通らない道が続いていることが多い。

ストレスが多い日常で心に溜まったプレッシャーを少しだけ抜いて、生きることの目標さえ分からないけれど、もう少しだけ頑張ってみようという気持ちになる。

続きを読む

2021/05/06

ボサノヴァを聴いて突然やってきた絶望感と気怠さがいい

もはや思秋期真っ盛りでやることなすことが無様に感じはするが、とりあえず仕事を続けているし、家庭も何とかやりくりしている。

夫婦共働きの子育てが忙しいのか、私の家庭のスタイルが忙しいのかよく分からないのだが、とかく妻は忙しく動き回り怒鳴り声を上げ、子供たちは言うことを聞かずにやりたい放題。これが我が家の日常だったりもする。

続きを読む

2021/03/27

ミドルエイジクライシスと男性ホルモン

四十路に入って共働きの子育てでの夫婦関係や義実家との軋轢、長時間の電車通勤、住環境といったプライベートなことで疲れ果て、調子を大きく崩してから6年目。浦安住まいを続けている限りストレスは解消されないが、それでもなんとか生きてきた。

人によって背景や理由、症状も違うそうだが、このような状況は「ミドルエイジクライシス」とか「ミッドエイジクライシス」、あるいは「中年の危機」と呼ばれているらしい。キアヌ・リーブスがミドルエイジクライシスに苦しんだと聞くと格好がよく感じるが、平たく言うと中年男性の更年期という解釈となり、全く格好がよく感じない。しかし、湿っぽくならずに前向きに考えてみよう。

続きを読む

2020/12/14

夜更け過ぎにペインキラー

長らく生きてきたが、これほどまでクリスマス...Xmasの方が雰囲気があるかな...の盛り上がりが感じられない年末はなかった。すでに生じ始めているが、忘年会やクリスマスパーティでクラスターが発生すると大変だ。夜の街中を出歩くのは危険だな。

続きを読む