2021/01/17

Honyaku Konnyaku and English Education

When I write blogs in Japanese, the content becomes redundant, so I tried writing it in English. I'm not sure if my vocabulary and grammar are correct, but I think I've managed to write what I want to say. I can type out sentences relatively smoothly.

続きを読む

2021/01/14

自他境界でシールドを展開している何か

なにやらスピリチュアル系のタイトルになってしまったが、真っ当な論理的推論を始める。バーンアウトから回復するにつれて感じるようになってきたアバターのような脳内のイメージは、私の人生観を大きく変えた。しかし、その正体を掴めずにいる。一体、お前は誰なんだ。

続きを読む

2021/01/12

休日出勤でミニベロに乗って見上げた冬空

予想はしていたが、最近になって仕事が忙しくなってきた。仕事自体は様々な不満がありながらも有意義なので、休日出勤が増えてもあまり堪えないが、もはやロードバイクやスピンバイクに乗る余裕もなくなってきた。

続きを読む

2021/01/03

「わたしはわたし、あなたじゃないもの」というフレーズの由来

かつて、エヴァンゲリオンの登場人物である綾波レイがこのミステリアスなフレーズをつぶやき、多くのファンの心に突き刺さった。それは彼女の孤独な生活や精神構造に悲哀を感じ取ったからかもしれないし、自らの境遇とを照らし合わせた共感なのかもしれないが、おそらくこの言葉にはオリジナルがある。

続きを読む

2020/12/30

静かな年末にヨレヨレのレースカーテンを眺めてしみじみと

これが今年最後の録になるかもしれないし、年越しで録を書くかもしれない。パンデミックで社会が混乱しながらも、私自身はバーンアウトから復調する一年となった。家庭においては、夫婦共働きで育児に入ってから、ここまで静かな年末を迎えられたのは初めてだと思う。

続きを読む

2020/12/28

関ヶ原の戦いの東軍と西軍のような人間模様

いつも通りの休日出勤のために歩いていたら、都内の大きな建物の前で大人たちが受験生のように行列をなしていた。私のような40代から50代の男性が多い。何だろうかと入口の看板を覗き込むと、とある資格試験の会場だった。なるほど、その資格は職種が違っても使えそうだ。

続きを読む

2020/12/20

失われた力を取り戻すための鍵

新年まであと10日と少し。夜の都心では忘年会帰りの赤ら顔のサラリーマンや若者たちが目立つ。マスクを外し、アルコール飲料の缶を片手に道端や駅で密集して立ち呑み。飲食店が早い時間に営業を終了しても、これでは効果が薄い。コロナ感染者が増えている状況なのに人々の多様性は凄まじいものだと感じつつ、この人たちは国家や社会について何も考えていないのではないかと呆れもする。

続きを読む